お知らせ

平成25年度研究報告書を掲載しました。new
健康の社会的決定要因に関する重要な国際的文書の日本語訳に追加をしました。new
平成24年度研究報告書を掲載しました。
健康の社会的決定要因に関する重要な国際的文書の日本語訳を掲載しました。
市町村健康増進計画等における、社会環境、健康格差の把握等に関する指針を掲載しました。
参考資料として、「いきいき社会活動チェック表 利用の手引き」を掲載しました。

研究班の紹介

研究班の趣旨
 健康の社会的決定要因(SDH)は、国際的にその重要性が叫ばれており、WHOが2008年に委員会報告書を、また2009年に総会決議、2011年に国際会議を開催するなど対応が本格化しています。一方で、日本において、関心は広がり始めていますが実際に取り組む研究者や行政担当者はまだ少ない状況にあり、社会全体での認知を広げてしっかりとした対応が行われるようにする必要があります。そこで、国内外の情報を集約するとともに、新たな知見、実践例などを収集・創出・試行・発信することにより、国内外におけるSDHへの対応を促進し、人々の健康を向上させることが本研究の目的です。
研究班のメンバー
研究代表者 尾島 俊之(浜松医科大学医学部健康社会医学講座教授)
研究分担者 近藤 克則(日本福祉大学社会福祉学部教授)
      近藤 尚己(東京大学大学院医学系研究科准教授)
      橋本 英樹(東京大学大学院医学系研究科教授)
      高尾 総司(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科講師)
      藤原 佳典(東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チーム研究部長)
      稲葉 陽二(日本大学法学部教授)

PageTop

研究内容

平成25年度 厚生労働科学研究報告書
報告書 一括ダウンロード(pdfファイル、カラー)
報告書 一括ダウンロード(pdfファイル、白黒)
分割ダウンロード
「総括研究報告書」尾島 俊之(pdfファイル)
資料1 Urban HEARTの地域比較分析(pdfファイル)
資料2 Urban HEART の枠組みによる介護予防への対応についてのワークショップ-(pdfファイル)
資料3 The Case of Taketoyo Town, Aichi Prefecture (pdfファイル)
資料4 The Case of Kamikatsu Town, Tokushima Prefecture(pdfファイル)
「SDH政策への取り組みの国際共同の動向に関する報告」橋本 英樹(pdfファイル)
「ソーシャル・キャピタルなどに着目したSDH への介入実践例の収集」高尾 総司(pdfファイル)
「格差の是正及びソーシャル・キャピタルと健康の関連」稲葉 陽二(pdfファイル)
「健康格差の継続モニタリングのための指標に関する研究」近藤 尚己(pdfファイル)
「高齢者の就労支援事業に関するアクション・リサーチ」藤原 佳典(pdfファイル)
「健康の社会的決定要因の主要文献に関する研究」近藤 克則(pdfファイル)
平成24年度 厚生労働科学研究報告書
報告書 一括ダウンロード(pdfファイル)
分割ダウンロード
「総括研究報告書」尾島 俊之(pdfファイル)
「社会的排除に対する政策的取り組みの国際事例研究」橋本 英樹(pdfファイル)
「ソーシャル・キャピタルなどに着目したSDH への介入実践例の収集」高尾 総司(pdfファイル)
「格差の是正及びソーシャル・キャピタルと健康の関連」稲葉 陽二(pdfファイル)
「健康・医療資源の公平性に関するモニタリング・ツールの開発」近藤 尚己(pdfファイル)
「高齢者の就労支援事業に関するアクション・リサーチ」藤原 佳典(pdfファイル)
「健康の社会的決定要因の主要文献に関する研究」近藤 克則(pdfファイル)
健康の社会的決定要因に関する重要な国際的文書の日本語訳(それぞれ、日本語訳pdf/原文リンク、今後一部修正する場合があります)
一世代のうちに格差をなくそう:健康の社会的決定要因に関する委員会 最終報告書 要旨 (WHO, 2008)
Closing the gap in a generation: health equity through action on the social determinants of health: final report of the Commission on Social Determinants of Health 2008 (executive summary)
健康の社会的決定要因に取り組む活動を通じた健康の不公平性の低減(WHO, 2009)
Reducing health inequities through action on the social determinants of health, WHA62.14, 2009
全ての政策において健康を考慮することに関するアデレード声明(WHO, 2010)
Adelaide Statement on Health in All Policies
公平な社会、健康な生涯(The Marmot Review, 2010)
Fair Society, Healthy Lives. The Marmot Review, 2010. Executive Summary
全ては公平性のために:健康の社会的決定要因に関する世界会議 概略報告書(WHO, 2012)
World Congress of social determinants of health (WHO, 2012)
健康の社会的決定要因に関する世界会議の成果(WHO, 2012)
Outcome of the World Conference on Social Determinants of Health (WHA65.8, Agenda item 13.6, 26 May 2012)
公平性、社会的決定要因と公衆衛生プログラム 第1章 序論および作業方法 (WHO, 2010)new
Equity. Social Determinants and Public Health Programmes. Chapter1 Introduction and methods of work
公平性、社会的決定要因と公衆衛生プログラム 第14章 公平性に向けた相乗効果 (WHO, 2010)new
Equity. Social Determinants and Public Health Programmes. Chapter14 Synergy for equity
健康2020:健康と幸福な暮らしのため 政府と社会全体がとるべき行動を支援するヨーロッパ政策枠組 (WHO EURO, 2012)new
Health 2020: a European policy framework supporting action across government and society for health and well-being
市町村健康増進計画等における、社会環境、健康格差の把握等に関する指針
都道府県・市町村等における社会環境・健康格差の把握等に関する指針(案)(pdfファイル)
健康日本21(第2次)目標指標の整理(エクセルファイル)
市町村健康増進計画策定のための調査票例(ワードファイル)

PageTop

リンク

参考資料
いきいき社会活動チェック表 利用の手引き(1998年、大野良之編集)(pdfファイル、19 MB)
厚生労働省 健康日本21(第2次)
日本福祉大学 健康社会研究センター
厚生労働科学研究 健康寿命のページ
WHO 健康の社会的決定要因検討委員会報告書

PageTop

問い合わせ

健康の社会的決定要因に関する研究班事務局(浜松医科大学健康社会医学講座内)
メール:sdh.kenkyu◎gmail.com (◎を@に変えてお送り下さい)
電話:053-435-2333

PageTop